「アートのまち・はちのへ」を推進する会会則

(名称)
第1条  この会の名称は、「アートのまち・はちのへ」を推進する会とする。

(目的)
第2条  本会は、八戸に「アート」を取り入れたまちなみが出来るよう市民の方々と協議し、情報を提供し、行政や関係団体と相談し、あるいは自らが主体となって制作することによって「まちづくり」に貢献することを目的とする。

(組織)
第3条  本会は、前条の目的に賛同する個人及び団体等をもって組織する。

(事業)
第4条  本会は、第2条の目的達成のため、次の事業を行う。
(1)  アートのまちづくりに関する啓蒙及び企画運営
(2)  アートの掲示場所の募集並びに情報提供
(3)  アートの制作に対する協力支援
(4)  アートのまちづくりに関する行政や関係団体との協議・調整
(5)  その他、本会の目的達成に必要な事業

(事務所)
第5条  本会の事務局は、社団法人八戸観光コンベンション協会内に置く。

(会員)
第6条  本会の会員は、本会の目的に賛同する個人、法人又はその他の団体とする。
  会員になろうとするものは、入会申込書を提出し、役員会の承認を得なければならない。
  会員が退会しようとするときは、退会届を提出しなければならない。なお、会員が死亡又は会員の所属する団体等が解散したときは、退会したものとみなす。  
  会員が設立の趣旨に反し又は秩序を乱す行為があったときは、役員会の決議によって退会させることができる。
  会員は、次に定める会費を納めなければならない。ただし、学生は無料とする。

 (1)  法人又はその他の団体は会費(年額)1口5,000円以上
 (2)  個人は会費(年額)1口2,000円以上

(役員)
第7条  本会に次の役員を置く。
  (1)  会  長         1 名
  (2)  副会長         2 名以内
  (3)  理  事         若干名
  (4)  監  事         2 名

  役員は会員の中から総会において選出する。

 (顧問及び相談役)
第8条  本会に顧問及び相談役を置くことができる。
  顧問及び相談役は、必要に応じ会長が委嘱する。

(職務)
第9条  会長は本会を代表し、業務を統括する。
  副会長は会長を補佐し、会長に事故ある場合はその職務を代理する。
  理事は、役員会を構成し、業務の運営事項等を審議する
  監事は、当会の会計について監査する。

(任期)
第10条  役員の任期は2年とする。ただし再任はさまたげない。

(総会)
第11条  総会は会長が招集し、その議長となる。
  通常総会は、年1回とし必要により、臨時総会を招集することができる。
  総会は、この会則に定めるほか、次の事項を審議する。
(1)  当該年度の事業及び収入支出決算の報告
(2)  次年度の事業計画及び収入支出予算
(3)  その他本会の目的に沿った意見交換及び活動に関すること 
  総会の議決は、出席会員の過半数の同意をもって決する。

(役員会)
第12条  役員会は必要のつど、会長が招集する。
  役員会の議長は会長があたる。
  役員会は、この会則に別に定めるもののほか、次の事項を審議する。
 (1)  総会での決定した案件の実行計画に関すること
 (2)  総会に付議すべきこと
 (3)  その他本会の目的に沿った事業に関すること

(経費)
第13条  本会の運営に必要な経費は会員で分担する。
  会員の分担割合は役員会で協議決定する。

(事業年度)
第14条  本会の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(雑則)
第15条  この会則に定めるほか、必要な事項は役員会で別に定める。

             附   則
  この規約は平成22年5月7日から適用する。

                           

■ ホーム>会員規約